上記画像をクリックすると拡大します
掛軸 首藤雨郊 柘榴秋草図 / 大分 / 福田平八郎 s-509

掛軸 首藤雨郊 柘榴に小菊キキョウなどの秋草を描いた
今の季節にふさわしい掛軸です。
絵の具に滲みのようなヤケ、
小シミ・虫ナメなどがあります。
箱は有りません。

首藤雨郊…1883(明治16)年~1943(昭和18)年 大分市生まれ
雨郊、雨功または九方皐(きゅうほうこう)と号す。
1905(明治38)年、大分県師範学校卒。
1911(明治44)年、改めて京都絵画専門学校に入学。
1925(大正14)年、帝展初入選。
山本鼎(かなえ)の唱えた自由画教育論の大分県での指導的役割を果たし、
福田平八郎ほか多くの教え子を輩出した。

新着商品10000円