上記画像をクリックすると拡大します
瀬戸 石皿 鉄絵 柳文 呂色漆修理有り t-1701 

瀬戸 石皿 鉄絵 柳文
大らかで伸びやかな筆致が好ましい瀬戸の絵柄は名古屋城が「柳城」と呼ばれていたため柳の絵が多いそうです。
ところどころ釉薬の剥がれ(特に裏側には多々見られます)、
口縁から入ったにニュウ2本(うち1本は見込み中央近くまで入っています)、
そして5.5cmほどの欠けを補修して鉄絵に近い色の黒漆を塗っております。
径24.6cm H4.5cm
新着商品4500円