上記画像をクリックすると拡大します
時代 漆器 天然木 箸箱 螺鈿 在銘 k-209

時代 漆器 天然木の箸箱です。
光沢ある黒漆に螺鈿細工で幾何文様と鳥を描いています。
在銘ですが読めません。
共箱はかなり虫食いがひどく
殆ど底の方は朽ちているのをボンドで修理しています。
本体の箸箱の方は殆ど傷みはありませんが
頭の部分に3.5cmほどのひび割れがあり黒漆で修理しております(最後から2枚目の画像参照)。
他にはわずかに螺鈿の剥離が見られますが
重厚感溢れる時代の漆器としては状態良好なものでご使用も可能と存じます。
長さ27cm 横5cm 厚さ3cm
新着商品3000円