上記画像をクリックすると拡大します
木彫 神将と天邪鬼 一刀彫 s-464

木彫 天邪鬼を踏みつける神将の像です。
長方形の台座に一刀彫の像を載せています。
(左手に持つ塔と右手の槍の柄は一刀彫ではないと思います)
やや赤みがかった茶色はススやヤケというより
彫上げた後に茶系の色を塗布して仕上げているようです。
槍の先、左小指、右袖袂先など欠けています(画像参照)
天邪鬼が載っている楕円の台に1.2cmほどのヒビが入っています。
木の材質・時代は不明、銘もありませんが
神将、邪鬼の豊かな表情、全体の姿にも丁寧な彫跡が見てとれる面白い木彫作品だと思います。
高さ19.5cm
台座のサイズ 7.5×4.5cm
新着商品7500円