上記画像をクリックすると拡大します
古伊万里染錦の小ぶりな蓋付茶碗4客 丸文鶴亀松竹梅 t-1119

古伊万里染錦の小ぶりな蓋付茶碗4客です。
金彩で鶴亀、染付で松竹梅を丸文様で描いています。
江戸後期から幕末頃のもので金彩が薄れ
鶴亀の図柄が消えかかっている箇所も有りますが
丁寧な絵付けと薄造りでコロンとした愛らしい形は
当時の人々にも好まれたのではないかと思います。
4客のうち無傷は1客のみ、
他3客は小ホツ(1~5㎜)やニュウ(1~1.5cm)があります(青シール印)。
(釉薬の掛かったカマキズは傷の印は付けていません)
いずれも傷としては微細なものが殆どで
ご使用に差し障るほどではないと存じますが
完品をお求めの方はご遠慮下さいますようお願い致します。
茶碗の径9.5cm H4.8cm
蓋をした時の全体の高さ6cm
新着商品4客3000円