上記画像をクリックすると拡大します
三川内焼 古平戸 染付青海波千鳥文 菊花弁透かし彫り香呂 t-1069

三川内焼 古平戸 染付青海波千鳥文の菊花弁透かし彫り香呂です。
薄手で繊細な透かし彫りの細工が大変美しく
菊花弁を重ねて透かし彫りと組み合わせる技法は三川内焼の伝統技術そのものです。
時代のもので大変稀少な作品ですが直しの箇所が多々見られます。
(欠損した多数の花弁をパテにて複製、蓋・台三方に入ったニュウ、脚の折れを接着等
他にも画像には写っていない修理箇所もあると思いますが目視では良く判らないほどの上手な直しです。
しかしほぼ元の姿形とはいえじっくり見るとやはり繊細な形状や色の違いは否めません。)
無傷完品のものは中々入手困難な古平戸の透かし彫り香呂、
飾ってお楽しみ頂くには十分なコンディションの作品だと存じます。
サイズ  H17cm 台の部分9.7cm×9.7cm
共箱ではありません桐の合わせ箱入り
新着商品30000円