上記画像をクリックすると拡大します
時代 輪島塗 旅枕 道中枕10点 青漆底朱 おかもち入 明治19年 民具 k-439 

時代 輪島塗 旅枕 道中枕 10点 青漆底朱 おかもち入 明治19年 民具
おかもちに入った木製輪島塗青漆底朱の小ぶりな枕10点です。
おかもちの表と後ろに「輪島製 枕 拾入り 弐代菊屋 菊椿 明治19年」 等の墨字が書かれています。
菊屋もしくは菊椿(上から文字を重ね書きしているようです)という旅館旅籠で使われたものか、
もしくは旅行に携帯して使われたものではないかと思います。
時代のものなのでスレ・小傷・薄汚れなどありますが大きなダメージはなく概ね状態良好です(写真5,6,7,8枚目)。
おかもちも持ち手の曲線など指物の細工が素晴らしく輪島の枕を納めるために誂えた上手の民具です。
(やや蓋の開け閉めがきついので実際にご使用の際には蝋を塗る、少し削るなどの
簡単な修理をした方が使いやすいかもしれません)
枕のサイズ 13.8cm×6.8cm H9.7cm
おかもちのサイズ  38cm×17cm H24cm
取っ手まで入れた全体のサイズ33cm
新着商品8000円