上記画像をクリックすると拡大します
古民具 木製漆器緑漆独楽仕上げ お櫃 飯櫃 段重 弁当箱 刳り貫き 三段式 H34cm y0629

古民具 木製漆器緑漆独楽仕上げの刳り貫きお櫃 飯櫃です。
三段になっているので段重、弁当箱として使われたものかもしれません。 
全体的に傷汚れが多々あります。
一番下の段のお櫃部分は外側内側の両方にワレや剥がれの修理跡が大きくあります(画像参照)。
時代のものでコンディションは難点が多々ありますが古民具の参考品としていかがでしょうか。
サイズ  最大胴径26.5cm 蓋をした時の全体の高さ34cm  
上の段…H4.8cm
中段…H6cm
下の段…H19.8cm
最後の画像は中の二つの段を抜いて撮影したもので蓋はしっかりと噛んでおります(この状態で蓋をした時の高さ23.5cm)。
新着商品3000円