上記画像をクリックすると拡大します
雛煎茶道具 唐木小珍器台付 涼炉霞晴山在銘 s-401

雛煎茶道具ままごと一式
素材は陶磁器(茶入・急須・瓶掛・茶碗)・素焼き(六角涼炉)・錫(雲鶴文棗他)・銅(ヤカン)・木製(盆・茶托他)などです。 
唐木小珍器台付です。
サイズは画像表記したとおりです。
陶器の茶入れと青磁の急須の蓋が欠損しています。
素焼きの六角涼炉の底裏には「霞晴山」の銘が入っています
(角と脚にソゲ有り)
それぞれの状態は大きな疵なく概ね良好です。
茶筅はサイズ比較の為で商品では有りません。
【霞晴山】
江戸時代後期の陶工
寛政(1789-1801)のころ江戸四谷でつくられた巧妙な楽焼にその名がしばしばみられるという。楽焼ではなく京焼とする説もある。
新着商品25000円